PICK UP

【クーポン】JTB JR利用ツアー2,000円offクーポン #ad

 JTB JR利用ツアー2,000円offクーポン クーポン情報です。 JTB で関東(一部エリア除く)&新潟・山梨・静岡で使えるツアークーポンが配布されてます。 JR利用ツアーに使える2,000円offクーポンです。 出発対象期間は7月11日まで。 利用人数条件なし、利...

【旅行記】葉山女子旅きっぷ(かながわ鉄道割利用)

 葉山女子旅きっぷ


旅行記です。

かながわ鉄道割を利用した、葉山日帰りおでかけです。

京急の企画きっぷもかながわ鉄道割で割引可能なので、今回は『葉山女子旅きっぷ』を利用しました。


女子旅きっぷという名称ですが、特に性別の縛りはないので、男性も利用可能です。

元値は平日3,630円(泉岳寺、品川発)にかながわ鉄道割適用で30%offで予約可能。

2,550円で購入。


逗子葉山駅までの往復乗車券、京急バス1日乗車券、ごはん券、ごほうび券が付いて総額2,550円はお得感が強いです。(一部施設では優待もある)


一応泉岳寺発で購入(品川発と料金が同じ)しましたが、品川から出発。

14時過ぎという相変わらずの遅めのスタートですが、「三浦半島まで行ってごはん食べてお土産もらって帰ってくればそれだけで普通に元取れそうだし」という考えで、気軽な気持ちで使った感じになります。

朝から使って1日フル活用して満喫という使い方がベストなんだとは思いますが、全員が全員朝型人間のアクティブ派ではないので、意識低い系夜型トラベラーのためにハードルを下げた旅程紹介でもするかという意識で出発。

品川から京急だと羽田空港行きに乗りたくなってしまうんですが、10月は結局羽田行く機会がないまま終わりそうです。(割と飛行機旅行派だったけど国際線どころか国内線まで乗らなくなってきた)


駅や車内の広告にもかながわ鉄道割の割引のお知らせがありました。

通常料金でも全然普通にお得な感じがする価格設定ですが、そこからさらに20%~30%offはありがたいです。

1か月毎の予算で上限到達次第終了とのことでしたが、10月下旬でもまだ余裕ありそうだったので、このペースなら割といつでも使えそうです。(現在のところ2024年1月分まで継続予定)


1時間程で逗子・葉山駅到着です。

途中下車も可能なので、時間に余裕があれば、川崎や横浜に立ち寄ったりもできます。


無人改札口にはQRリーダーがありました。

デジタルきっぷのQRを読み込ませて改札通過。

ごはん券とかごほうび券使えるお店とかも調べたり、地図も頻繁に使うので、モバイルバッテリーは持参したほうがよさそうです。


逗子・葉山駅。

完全に無計画だったので電車の中でごはん券使える店探してたんですが、葉山は火曜日がお休みのところが多いみたいで、葉山マリーナ(対象店舗が多いから最悪ここに行けばなんとかなると思ってた)もやってないということが判明しました。


神奈川県立近代美術館葉山館のレストランが営業中だったので向かいました。

バスも乗り放題です。(降車時にデジタルきっぷを見せる)

車内は地元民中心っぽかったですが、観光客らしき人もそれなりにいました。

都内の観光名所はインバウンド観光客が圧倒的マジョリティという感じですが、今回は周りも日本人が多くて、ローカル感強めな観光地は久々な感じがしました。


神奈川近代美術館葉山館。


平日なのでかなり空いてました。

ごはん券の使える店を調べてると、レストランの混雑状況も表示されていて、14時頃は混雑マークでしたが、16時前ぐらいだと席も空いててすぐに入れました。


ごはん券でハンバーグ。

ライスかパン、ドリンクも付いてきます。

海の見える眺望も優れたレストランでした。


品川からの電車も、逗子葉山駅からのバスも、レストランでの食事も全部デジタルきっぷに含まれてて、この時点で既にお得感が強いです。

店員さんにデジタルきっぷ見せて「これ使えますか?」と質問すると「女子旅きっぷですね~!使えますよ~!」と言われるのは少し恥ずかしいですが。


ごほうび券は美術館で利用しました。(ごはん券でレストランのみの利用も可能)


一般1,200円のチケットになるのでお得感あります。

閉館が17時なので少し滞在時間が短めでしたが、じっくり見て回らなければ1時間弱ぐらいでもいけそうです。


映像作品が2つほどあるのでそれを全部しっかり見ると1時間以上かかるかなと思います。(モダンアートに関してはよく知らないのでなんとなくで流し見)

関東大震災に関する映像作品もあって、今年はちょうど地震から100年という節目の年でそれに関連した情報に触れる機会も多いので、より興味を持って見ることができました。

震災後の東京や横浜の街の様子がかなりはっきりわかる映像(賛否ありそうな部分も編集せずにそのまま流してる)もあったので入ってよかったなと思いました。

平日の閉館間際ということで貸切状態でした。


美術館を出るとちょうど日の入りの時間帯でした。


美術館からでも綺麗に富士山見えましたが、遮るものがないところからも見たかったので海岸へ。


葉山の景勝地は優れてるらしいみたいなのは知ってたのですが、その期待値をも遥かに上回ってくるレベルの絶景でした。

ソーシャルメディア上には加工した映え写真(死語?)が溢れかえってて、「どこへ行けばその写真と同じ景色が見られるんですか?」というものも多いので、バズってる情報とかはあまり参考にしてない(むしろインフルエンサーとかが紹介してるところは避ける)んですが、ここはほんとにこの写真のまま(現実の世界も人によって色の見え方とかが違うという屁理屈はなしで)の景色が見れるのでおすすめしたいです。

一色海岸めちゃくちゃ綺麗でした。(たまたま夕暮れが綺麗な日だったという幸運もあるかもしれない)


初めて葉山来たんですが、散策すればもっと綺麗な場所だったり、楽しめる場所が多いんだろうなと思わされました。

海岸からの景色も鎌倉や藤沢の辺りとは少し違った雰囲気で、「なるほどこれが葉山か」という納得感がありました。


今回はこれで帰宅ですが、今後数か月はかながわ鉄道割使えるので、旅程で迷ったらまた三浦半島散策を入れたいと思います。


帰りも途中下車可能なので横浜で夕食食べて買い物して帰るとかもありです。

葉山女子旅きっぷ以外(みさきまぐろきっぷ、よこすか満喫きっぷ等)もかながわ鉄道割利用でかなり安くなるのでおすすめです。


0 件のコメント :

コメントを投稿