PICK UP

【予約レビュー】北陸応援割で新幹線利用新潟旅行を予約

 北陸応援割予約レビュー 予約レビューです。 北陸応援割の予約を開始しました。 先週から宿泊単体の予約を中心にはじまっていたのですが、まずは対象エリアまでの交通手段を確保したかったので、交通セットを安く予約しやすそうなサイトが販売開始になるのを待ってました。 12日はJTBとAN...

【旅行記】奈良旅行(全国旅行支援納め)

 奈良旅行(全国旅行支援納め)


旅行記です。

コロナ禍の需要激減からはじまった国内旅行ボーナスタイムも、Goto, 県民割、全国旅行支援等の需要喚起策を経て、2023年上半期でほぼほぼ終了という感じになりました。

団体旅行だったり、一部の地域では今後も続くようですが、全体としては既に完全終了ムードです。

そんな中、奈良に関しては7月末までの個人旅行も対象だったので、全国旅行支援納めに奈良旅行を決めました。

先月ソウル行って海外旅行も再開したので、国際線も検討しましたが、やはり7月8月は航空券も高いので難しいかなという判断。(香港の無料航空券も無事お祈りメールを受信)


往路は新幹線。

交通セットも20%以上の割引があった時期が恋しいです。

特典航空券を利用したフライト(ANAトクたびマイル等)やぷらっとこだまも検討しましたが、結局普通にのぞみに。

京都まで2時間、そこから在来線に乗り換えて40~50分ぐらいで奈良なので、時間重視だとこれがベストかなと思いました。(予算的には厳しいので復路は安価な移動に)

新幹線の新しいチャイムも聞けて新鮮な気分でした。


京都。

東京も外国人観光客多いですが、京都はそれ以上な印象を受けます。


京都も久々なので観光したかったですが、奈良到着が遅くなりそうだったので、往路は直行することに。


みやこ路快速で奈良へ。


40~50分程でJR奈良駅到着。

近鉄でも移動可能ですが、ホテルがJR奈良駅付近だったので。


せんとくん。


しかまろくん。(某船医に似てる)

せんとくんのポジションを奪いにきてるっぽい。


JR奈良駅前にはリニアの看板。

名古屋より先のルートはよく把握してなかったですが、奈良も通るならゲームチャンジャ―になりそうです。


奈良はフライトでもアクセスしづらい(関空からも遠い)ですし、かといって新幹線でも京都まで行ってそこから在来線に乗り換えてさらに40~50分と考えると、交通アクセスに恵まれてないなというのは感じます。

観光名所が豊富なのに、大阪や京都と比べて宿泊を伴う旅行が少ないというのは交通利便性による影響が大きそうなので、リニア早期開業を強く望むのはそれはそうだなと思いました。


宿泊施設は新しいビジネスホテルも豊富で、ホテル選びも選択肢もかなり多いなと思いました。


1ヵ所目は野乃。


温泉付きのホテルステイが今回の旅行のメインです。

軽く観光して早めにホテル戻って洗濯して温泉入って部屋でゆっくりするというゆるい滞在をしてました。


他の旅行支援終了してる地域と比べると、宿泊代金も割引になって、地域クーポンの付与があるのはやはり大きいです。


地域クーポン使ってバスのワンデイパスを買って観光しました。


JR奈良駅旧駅舎。

中が観光案内所になっててバスのワンデイパスもここで購入できます。


観光は奈良市内の西側エリアを数か所巡りました。

奈良公園周辺はコロナ禍の鎖国状態の時に満喫したので、今混みあってる時に行かなくてもいいかという判断。


薬師寺。

災害級の暑さということもあったと思いますが、人が全然いなくて快適に世界遺産観光できました。


唐招提寺も。

バスのフリーパスを提示するとどちらの施設も団体料金になります。


こちらも落ち着いた雰囲気。


薬師寺も唐招提寺も蓮の花がたくさん。


奈良のイメージは、鹿と大仏と桜が強いですが、蓮もいいねと思いました。


平城宮跡。

想像してた以上に広々してました。


朱雀門。

ここまでの朱雀大路だけでも長いなと思ったのに、この正門の奥を近鉄奈良線が横切っていて、さらにその奥に宮殿や庭園があるという凄まじい広さです。

災害級の暑さの中歩きまわるのは無謀だと思ったので、朱雀門で引き返しました。


朱雀門ひろばに5つの館があるので、ここまでなら暑くなったら屋内に入れるので観光もしやすいと思います。

特に『いざない館』は平城宮に関する展示が豊富なのでおすすめです。(入場無料)


関空の4,000m級の滑走路と比較される朱雀大路。

観光はこんな感じで、残りはJR奈良駅や近鉄奈良駅周辺で地域クーポンを使った買い物をして過ごしてました。


ホテルホッピングで2ヵ所目。


こちらも温泉付きの新しいビジネスホテルです。

これまでは京都や大阪に宿泊して、奈良は日帰りということが多かったですが、奈良も続々と新しい宿泊施設がオープンしてるので、今はかなり競争激しくて選択肢も豊富だと思います。

8月以降は奈良も個人旅行の助成は終了なので、他のエリアと比較しながらになると思いますが、また泊まりやすい条件であれば予約したいです。


復路は色々迷いましたが、18きっぷで帰ることにしました。

ANAのトクたびマイルで関空-羽田が3,000マイルで出てたのでそれもいいかな(プライオリティパスでぼでぢゅうできるし)とも考えたのですが、途中で寄りたいところもあったので、結局18きっぷに。

帰りのほうが『旅』という感じは強かったです。


これで奈良宿泊も完了して、47都道府県宿泊までリーチかかりました。

最後になった和歌山ですが、今サマータイムレンダを観てて、すぐにでも訪れたい気持ちになってます。(奈良からそのまま行けばよかったのでは?と思わないでもない)

とりあえず今回は奈良からの復路で18きっぷリハビリして、夏のうちにもう一度関西へ行って、和歌山宿泊して赤化完了させたいと思います。


0 件のコメント :

コメントを投稿