PICK UP

【クーポン】JTB 国内旅行 最大10,000円offクーポン #ad

 JTB 国内宿泊 最大10,000円offクーポン クーポン情報です。 JTB から3月中の国内旅行に使えるクーポンが配布されてます。 最大10,000円offクーポンです。 宿泊、ツアーのどちらでも利用可能なクーポンになってます。 人数によってクーポンの額が異なります。 利用...

【旅行記】釧路滞在

 釧路滞在


旅行記です。(観光してないので旅行記ではないのかもしれない)

今回はLOVE割利用で、北海道のホテルに安く宿泊して地域クーポンもらって買い物してのんびり過ごすのが目的だったので、そういう意味では混雑してない釧路にどこかにマイルで飛ばしてもらえたのはよかったかなと思います。


やはり1泊につき2,000円分もらえるのは大きいです。

北海道はコンビニとかスーパーも使えて便利。


前日は日曜で休業日だった和尚市場。

ここでも地域クーポン使えたので、いい感じのものがあったら和尚市場の飲食で利用しようかなと散策開始したのですが、客引きがかなり積極的だったので早めに撤退しました。

「銀座でこの大きさの食べたら1万円はする!」と言われて1,000円ぐらいのホッケ勧められたのですが、そもそも自分は都内でも基本的に安いチェーン店以外入ることないし、お店の人が想定してるユーザー層ではなさそうなだなと。

観光客は観光施設で食事するべき、その土地のものを食べるべきみたいなのもわかるんですが、それを旅行中の義務として課されるとめんどうなので、食への興味関心強い人はそうしたらいいんじゃないですかと思ったりもします。


観光施設が多い駅の南側から居住者の生活エリア感のより強い北側へ。

地下道で繋がってるようではあるのですが、札幌のような地下街になってるようではないですし、駅で分断されてる感は強いです。

地上の場合はかなり迂回して歩道橋で渡りました。

駅が高架化すると大きく変わるのかなと思います。


駅の反対側には生活に必要な商業施設が充実してました。

広い土地に広い駐車場を備えた路面店が構えていて、関東でいえば16号線沿線地域のような雰囲気を感じました。

もっと北のほうに行けば映画館も備えたイオンもありますし、車中心の生活をするのなら十分快適な生活ができる街という印象です。

東京圏の外縁部とも言われる16号線沿線地域が比較対象になったので、だとしたら札幌まではどれぐらいで行けるのかなと調べたところ、電車で4時間以上かかりました。

釧路-札幌は300km以上あるので、距離感的には東京-名古屋ぐらいですが、新幹線があるわけでもないので、心理的な距離はそれ以上に離れてる感じがします。

首都圏郊外の街の場合は、自称田舎の街(都心住みマウントめんどくさ人間対策としての戦略的卑下?)だとしても30分~1時間電車に乗れば東京都心に出られますし、それを考えると日常生活に問題はなくても、札幌レベルの大都市へのアクセスが4時間以上かかるのは少し厳しいなという印象もありました。(20~30分で東京都心に出られるのに「だ埼玉」「草食ってる」とか言って地価の高騰を抑制してる埼玉は卑怯すぎると思う)

札幌まで4時間と考えると釧路空港へ行って航空機利用での羽田着のほうが早い可能性すらあるので、北海道内の離れた場所に住む人たちが集合するなら東京で会うのが一番手っ取り早いというのもわかる気がしました。

他の人の釧路旅行のレビューを見ると、街の寂れ具合とかに注目が集まってる感も否めないですが、住んで普通に生活する分にはそれなりに商業施設も充実してて、街中も落ち着いた雰囲気で個人的にはいい感じだなとも思います。(高密度な都会好きの人には物足りないかもしれないけど首都圏の郊外の街とかで育った人なら馴染めそう)


地域クーポンはスーパー(ザ・ビッグ)でも使えたので食料爆買い。

その場所で生活してる人が普通に利用してる店で買い物したり食事したりが一番コスパ高くて満足度が高いです。

スーパーマーケットはどの土地でもそこで暮らす人の生活に最も溶け込める場所の一つでもあるので旅行中に訪れるのも好きです。


食料確保してホテルに戻ってからは部屋と温泉を行ったり来たりして過ごしました。


滞在中は最高気温も二桁で普通に寒くなかったです。

寒くはなかったですが、乾燥してるのは感じて若干喉が痛くなりました。(コロナかと思ったけど大丈夫っぽい)

週末以降は寒さも厳しくなるようだったのでいいタイミングで訪れました。


釧路は夕焼けが綺麗なことでも有名です。

11月でも15時には夕方で、16時台には完全に夜です。


16時過ぎぐらいからランニングに出かけました。


Cool KUSHIRO(夕方以降はライトアップ)


釧路川沿いの街灯のオレンジの灯りも沈んでいく太陽もきれいです。


前回訪れた時には見つけられなかったよさそうなトレーニング場所も見つけました。


舟着き広場という場所で運動できる器具が充実してます。


チンニングやディップスし放題です。

サウナと水風呂繰り返すよりよっぽど整うのでおすすめです。(サウナで整うとかは能動的に何かする気はないけど『やった感』が欲しい人が好んでるだけなのでは?と思ってる)


走るのも人が少なくて快適でした。

真ん中の色が濃くなってるところは柔らかい素材になっててアスファルトより関節への負担も少なそうでした。


釧路川沿いランニングおすすめです。


対岸から見たドーミーイン(左手のCool KUSHIROのオブジェの奥の建物)。


観光施設は特に行かなかったですが、街歩きと買い物、運動、大浴場付きのホテルステイと満喫することができました。


釧路は何もせずにのんびりするのには適した街だと感じました。

人も少なめですし、街中はきれいな場所も多いので、特に行きたい観光施設が思いつかないという場合でも、ホテルステイしながらのんびりするのを訪れてみるのもありだと思います。

0 件のコメント :

コメントを投稿