PICK UP

【クーポン】じゃらんスペシャルウィーク #ad

 じゃらんスペシャルウィーク セール・クーポン情報です。 じゃらんスペシャルウィーク が7月1日スタートです。 ポイントキャンペーンやクーポン配布があります。 ポイントキャンペーンは事前エントリー制です。 期間内に利用する可能性があるなら、とりあえずエントリーしておくのがおすすめ...

【野球】ChatGPT君とWBCについて

 ChatGPT君とWBCについて


WBC情報です。

連日熱戦が続くWBCについて熱く語りたいと思ったのですが、陰キャぼっちで語る相手がいないことに気付いてしまったので、ChatGPT君は野球について話せるのかなと思い、話を振ってみました。

昨夜、日本と素晴らしい試合をしたチェコ共和国代表についてです。

ヨーロッパ勢は謎に包まれたチームでしたが、昨日の試合で一気に好きになりました。

技術的にはトップレベルのチームと比べると劣る点もありましたが、佐々木朗希の真っすぐを完全に捉えて引っ張れることには驚きましたし、フィジカルの強さを感じる選手も多かったように思います。

何より試合に臨む姿勢が素晴らしく試合後も清々しい気持ちでした。(前日の韓国戦は割と胸糞だったので余計に←左のやつまっすぐ抜けたとか言い訳にならないレベルでヌートバー、大谷にいってたので)

プールBは11日時点で日本はほぼ勝ち確(12日韓国がチェコ破って正式に日本の進出確定)、もう一枠はオーストラリアの可能性が高いですが、勝利数が複数チームで並んだ場合、同率チームとの対戦成績⇒失点数⇒自責点数⇒打率⇒抽選となるので、その辺りをChatGPT君にリサーチしてもらえるか試してみようと思いました。


はい。アメリカ、カナダ、ドミニカ共和国、プエルトリコという死のグループと組まされた世界線になりました。


プールBに属してることを教えてあげた結果、少し改善されましたが、カナダとイタリアが入ってきましたし、日本がプールBからいなくなってます。


カナダとイタリアはマストで入れたいらしい。


プールで上位3位まで進出可能なルール変更発生。

ChatGPT君は最新のWBC事情には詳しくないようです。

確率論的にそれっぽいことをそれらしく言うのが仕事なので、自分の知らないことを聞いてそれっぽい回答が得られると無条件に信じてしまいそうなので、たまに苦手そうなことを聞いて万能ではないことを確かめるのも面白いと思いました。

ChatGPT君にはもっと適した作業を任せたいです。

海外の野球観たくなった

最近は海外旅行高いですし、あまり積極的に出国しようという意欲がなかったですが、WBC見てると徐々に出国意欲が湧いてきました。


コロナ前は航空券も安かったのでアメリカもよく行ってたのですが、今はそれとは桁違いに高額になってるので、気軽にアメリカ行ってMLB観戦できないですが。(円安とインフレで現地での費用も3年前とは比較にならない程上がってるはず)


MLBの球場はスタジアムツアーもやってるので、オフシーズンやゲームのない日も楽しめます。


普通のガイドブックに載ってる観光スポットもいいですが、思い返してみると、やはり自分が一番興味を持って行きたいと思えて、実際行って楽しかったのは野球場かなと思います。

プールC、プールDの試合も始まってるので、そちらにも注目したいです。(プールDでベネズエラがドミニカ共和国に勝ったことよりも、プールCのコロンビア勝利のほうが個人的には驚き)


野球観戦と言えばアメリカのMLBが本場ですが、それ以外の国も楽しかったです。

釜山旅行に行った時はKBOの試合を観に行きました。


当時はイデホ選手が現役で、レフトには現在も代表のキムヒョンス選手がいました。

球場ではBTSだったりTwiceだったりのK-POPが流れて、イニング間のダンス等の盛り上がりも凄かったです。

球場の作りはハマスタ感があって中の盛り上がりは甲子園の阪神戦に近かった印象です。

韓国や台湾であれば、日本からの距離も近いので、LCCのセール等で航空券も安価に購入出来て今後も気軽に行きやすそうです。

台湾の属するプールAは全チーム2勝2敗で並ぶ可能性のある大混戦なので最終戦までどこが進むかわからないです。(台湾来てほしいけど失点数多いから同率で並ぶと厳しい)


チェコ行った時は普通に観光名所巡りだけでヨーロッパ野球を観に行くという発想もなかったです。


西欧と比べて物価も安いですし、チェコはまた行きたい国です。


WBC終わったらまた海外航空券探しでも始めようかなと思います。

プールBも終わりが近づいてきたので、日本は最終戦のオーストラリア戦もいい形で終えてもらって、13日の日本以外の4チームの最後の試合を盛り上げてほしいです。

0 件のコメント :

コメントを投稿