PICK UP

【クーポン】JAL DP 全国旅行支援併用クーポン

 JAL DP 全国旅行支援併用クーポン 全国旅行支援・クーポン情報です。 JALダイナミックパッケージ で全国旅行支援と併用できるクーポンの配布がありました。 対象の都道府県は全国旅行支援とは別に3,000円上乗せの割引があります。 対象の地域には『+割引』の表示があります。 ...

【10月11日~】全国旅行割開始、入国者数上限撤廃

全国旅行割10月11日~


助成キャンペーン情報です。

県民割の拡大版と言われていた全国旅行支援の開始日がようやく発表されました。

全国旅行割という名称で10月11日スタート予定です。

オズモールの全国旅行割のページが更新されて割引額等の詳細が出てます。

詳細はまだ不明な部分も


開始日が10月11日という発表はありましたが、それ以外の詳細はまだ不明なので、現時点での状況はこれまで通りの後付け狙いということになるかと思います。

JALパックのページを見ても新しく追加された情報は10月11日開始という点だけで詳細は未定となってます。

わからないことがあるとすぐに旅行会社や宿泊施設に詳細を尋ねる人もいますが、与えられてる情報は一般旅行者とほぼ同じ(現代はSNS等の情報伝達手段の発達で情報がコモディティ化されてそこに非対称性はほぼない)なので、発表されてない情報は聞くだけ迷惑なので自重したほうがいいです。

一歩前進した点は、開始日が10月11日という点が確定したので、それ以降の日程でいけそうな都道府県を狙うことかと思います。(都道府県別に11日以降準備出来次第開始されるはず)

入国者数の上限撤廃

全国旅行割と同時に発表されたのが、入国者数の上限撤廃です。

新型コロナの水際対策として1日あたりの入国者数の上限を設けていましたが、これが撤廃されます。

短期滞在のビザ免除もあるので、これで本格的に外国人観光客の個人旅行が解禁となります。

インバウンド観光客の増加は、全国旅行割と同等かそれ以上のインパクトがあると思います。

22日にドル売り円買いの為替介入がありましたが、それがあっても1ドル140円程なので、インバウンド観光客目線だと、日本旅行はコロナ前よりもかなり安く感じるはずです。

各国の中央銀行がインフレ退治の金融引き締めで利上げを進める中、日本は緩和を維持しているので、為替介入したところで金利差拡大による円安傾向は変わらないと予想されてます。(個人的な意見を言うと為替介入で貴重なドル売って無尽蔵に増える岸田コイン増やしても意味ないからやめたほうがいいと思ってる)

日本の消費者物価は他国と比べると上昇も激しくない(消費者物価に転嫁できてないだけで原材料価格の輸入コスト等の増大で企業物価は上がってる)ので、外国人観光客からしたらお買い物天国だと思います。

旅行需要の増加で、インバウンド観光客が本格的に戻る前の現時点でも、既にホテルの宿泊代金は昨年と比べると1.5倍~2倍程になっていますが、これがさらに上昇する可能性が高いです。

これまでのところ、助成キャンペーンを利用すれば去年と同等かそれよりお得に国内旅行できる状態が続いていますが、個人旅行のインバウンド観光客が本格的に戻れば宿泊価格のさらなる値上がりも考えられます。(助成キャンペーンないと国内旅行できなくなるぐらいの価格になる可能性も)

また買い煽りと見做されそうなこと言いますが、ここから需要が減って価格が落ちるシナリオは考えづらいので、今の段階で及第点という条件で予約可能なプランがあれば、その時点で予約を確定させてしまったほうがいいと思います。

全国旅行割の後付け狙いには否定的な意見も多いですし、実際キャンセル不可プランの場合はリスクもあると思いますが、予約を後回しにしても値上がりリスクがありますし、各々考えてベストなタイミングで予約入れるしかないと思います。

宿泊単体の予約でキャンセル料もギリギリまで掛からないものに関しては、低いリスクで現在の価格で予約を確定してあとから割引が狙えるので、小さなリスクで好条件での後付けを狙うこともプラン次第では可能です。

全国旅行割の詳細出て、割引適用した予約も可能になったら、その時点でのよさそうなプランも紹介していきます。

0 件のコメント :

コメントを投稿