PICK UP

【ツアー】JALダイナミックパッケージタイムセール

 JALダイナミックパッケージタイムセール セール情報です。 JALダイナミックパッケージ でタイムセール開催中です。 12月10日までです。 北海道も沖縄も総額1万円台で出てきます。 この価格はGoTo適用前の価格なのでここからさらに35%offになります。 2名での沖縄1泊2...

【フレデリック】ハンプトンインフレデリック(Hampton Inn Frederick)宿泊記(宿泊代金を吹っ掛けられる)

ハンプトンインフレデリック宿泊記


2017年6月にフレデリックにある『ハンプトンインフレデリック』に宿泊しました。

フレデリックがあるのはメリーランド州で、ボルチモアの西、ワシントンDCの北西になります。

ボルチモアからもワシントンDCからも車で1時間ほどの距離です。

公共交通機関でのアクセスは難しいホテルなので、車での移動が基本になるかと思います。


部屋


ツインルームに宿泊しました。

部屋の大きさはごく普通のビジネスホテルといった感じです。

少し古さはありましたが、大きな問題はなかったです。


バスルームもしっかり清掃されていました。

ただトイレの流れが悪いとか、扉の閉まりが悪いとか、古い建物らしい問題はいくつかありました。


アメニティ類は最低限といった感じです。

ションプー、コンディショナー、ボディソープなどです。

日本のビジネスホテルのように何でも置いてあるといった感じではないです。

歯ブラシやシェイバーは自分のものが必要です。(フロントに言えばくれる可能性もあるけど)


一応、浴槽もありました。

自分はシャワーだけでもOKですけど、日本人的には浴槽があったほうがありがたいかと思います。

コインランドリー


ハンプトンインフレデリックにはコインランドリーもありました。

少し眺めの滞在だったので、1度利用しました。

洗濯と乾燥でトータル5ドル程という高めの価格設定です。

洗剤を買う機械は壊れていて使えませんでした。

機械はコインしか受け付けないので、大量のクォーターが必要でした。

フロントで替えてもらえましたが、普段からクォーターを集めておくと便利そうだと思います。

ジムやプールもあり


ハンプトンインフレデリックには、ジムやプールもありました。

ジムは地下にあって、毎日行きました。

宿泊者は24時間利用可能で、ルームキーを使ってジムへのアクセスが可能です。


使っている人はほとんどいない状態で、ほぼ毎回貸切状態でした。

器具はそこまで多くなかったです。

フリーウェイトは、ダンベルが50ポンド(20キロちょっと)までありました。

高重量を扱ったトレーニングはできなさそうでしたが、ある程度のトレーニングはできそうな環境でした。

混雑してないので、プライオメトリクス系のトレーニングもできました。

メディシンボールなどもあったので、工夫すれば色々なトレーニングができると思います。

トレッドミルなどのカーディオ系のマシンもいくつかありました。


プールは屋外でした。

この写真は大きそうに写りましたが、実際はけっこう小さめなプールです。

プールもジムと同様にあまり使っている人はいませんでした。

プールサイドで、寛いでる人はけっこう見かけました。


朝食


朝食付きプランで予約しました。

ハンプトンインフレデリックの朝食は、バッフェスタイルの朝食でした。

アメリカの朝食といった感じのラインナップが揃っています。

オムレツ、ベーコン、ポテト、フルーツ、ヨーグルト、パンなどです。


毎日メニューは変わっていました。

ベーコンがハムになったり、オムレツがスクランブルエッグになったりといった小さな変化でしたが、色々楽しめてよかったです。

周辺施設



ハンプトンインフレデリックの近くにはショッピングモールもあるので、食事やショッピングにも便利でした。


徒歩数分でいけるショッピングモールが便利でした。(歩道がないところもあるから車のほうが行きやすいけど)

スーパーやレストランがたくさん入っていました。

オーガニックスーパーで食材を買ったり、ファストフードを買ったり、レストランで食事したりしました。

映画館もあるので、時間つぶしにも使えます。


フレデリックの中心地へは、ハンプトンインから車で10分ほどで到着しました。


レンガの建物が多くて、オシャレ感溢れる場所でした。

料金

ハンプトンインフレデリックはBooking.com 1泊141ドルで予約できました。

他にもいくつか周りにホテルがあるので、宿泊する時の料金を比較して予約すると良いと思います。

料金を吹っ掛けられる

チェックアウトの日に少し問題がありました。

部屋に明細書が届いていてチェックしてみると、1泊350ドルという価格が書かれていました。

4泊したので、税込みのトータルだと1,500ドル程になっていました。

郊外のハンプトンインなのに、1泊40,000円という都会の高級ホテルばりの料金になっていました。


チェックアウト前にフロントで確認して、Booking.com でのコンファメーションを見せると訂正してもらえました。

どうして1泊350ドルになったのかわかりませんが、アジア人だからナメられて吹っ掛けてきたのかなと思います。

1泊100ドル~150ドルぐらいのホテルなので、1泊350ドルの請求はわざととしか思えないです。


明細の確認と予約のコンファメーションの保管は大事だと改めて思いました。

感想


最後にトラブルはありましたが、ハンプトンインフレデリックでの滞在自体は特に問題ありませんでした。

スタッフの方もフレンドリーで良かったです。(表面上フレンドリーなだけで、実際レイシストもいると思いますけど笑)

いくつか似たようなランク、価格帯のホテル(マリオット系とか)が周りにもあるので、滞在する日程で比較して予約を決めると良いかと思います。

0 件のコメント :

コメントを投稿