PICK UP

【クーポン】JALダイナミックパッケージ 最大30,000円offクーポン

 JALダイナミックパッケージ 最大30,000円offクーポン クーポン情報です。 JALダイナミックパッケージ でクーポン配布がありました。 最大30,000円offクーポンです。 7月31日までの出発が対象です。 クーポン使用期限は5月26日まで。 250,000円以上で使...

【旅行記】千葉とく旅キャンペーン利用

 千葉とく旅キャンペーン利用


旅行記です。

4月からブロック割が本格的にはじまりました。

関東エリアでは、東京都以外のところは概ね似たような条件での割引が始まってます。

県内在住者はワクチン接種2回、他県民はワクチン接種3回が条件のところが多いです。

県によっては3回接種後○○日経過というところもあります。(群馬など)

陰性証明でもいけるので、多少面倒ではありますが、ワクチン接種してなくても利用可能です。

自分自身はワクチン2回目打てたのが10月下旬だったので、3回目の接種はまだです。

接種券は到着してますが、2回目から半年経過後の日程でないと予約できないので、4月下旬に予約入れました。

自治体によってペースに差がありますが、おそらく他にも半年経過してなくて3回目まだという人も多いんじゃないかと思います。

検討使とか百合子は若者の接種率が低いとか言ってますが、半年前も同じような認識で渋谷の接種会場殺到してたのは記憶から抹消されてるのかなと。

まぁ高齢者のご機嫌取りにコミットしたほうが支持率や視聴率高いでしょうし、政治家やマスメディアの報道を気にしてても仕方ないですが、問題がある度にスケープゴートにされるのはさすがにキレそうです。(自分らは先に打ててるから単に半年経たないと打てないというのを忘却してるだけなのかもしれないですが)

とりあえず他県は3回目終わってから計画するとして、まずは2回接種で行ける県内の宿泊割引を利用することにしました。(都内の割引もない都民には同情してる)


今回は千葉市に泊まりに行きました。

せっかくだから勝浦とか館山まで行こうみたいな気持ちもあるんですが、実際に計画するとかなり遠いので、一旦近場でクーポンの使い方とか復習してからにしようと千葉市にしました。

近いといっても、地元(流山)から千葉駅までは乗り換え2回で所要時間1時間弱かかるので、それなりにおでかけしてる感じはあります。

千葉県北西部の各地から東京都心までは、各路線で30分~1時間ぐらいというところが多いですが、同じ千葉県北西部内での移動に時間がかかる場所が多いというのは他県民にはあまり認識されてないかなと思います。

北西部から外房のほうだと普通に2~3時間ぐらい掛かりますが、せっかく割引があるので、使える期間のうちに海まで行きたい気持ちもあります。(埼玉県民に対して千葉には海があるカードを多用してる身としては)


宿泊したのは、ダイワロイネットホテル千葉駅前です。

千葉駅から徒歩3分です。


幕張や舞浜のホテルも迷いましたが、昼間に用事を終えてから千葉へ向かう予定でチェックインが夜だったので、機能性とコスパ重視のビジネスホテルにしました。

大規模なホテル内散策とかできるシティホテルはホテルステイ中心で滞在時間長めに取れる時がいいなと。(アパ幕張とかでもよかったけど巨大すぎると移動が面倒な時もある)

るるぶトラベルの千葉とく旅キャンペーン利用してほぼ半額になりました。


ただ、滞在中にじゃらんでも千葉とく旅キャンペーンのクーポンが配布されて、こちらはクーポン併用が可能だったので、今後の予約はじゃらん一択になる可能性が高いです。



平日宿泊だったので、地域限定クーポンの付与もありました。

1名1泊につき2,000円分なので、2泊で4,000円分です。

宿泊費半額offに加えて現地で使えるクーポンの配布もあるのは助かります。

割引と現地クーポンの配布額は他の県も似たような感じ(埼玉とかは併用で強かったと思うけど)ですが、利用可能な店舗は県によって結構バラつきがある印象でした。

千葉県は、観光業以外にも幅広いジャンルで利用可能でした。

飲食店以外にも、映画館、古本屋、家電量販店等も対象です。

家電量販店とかは転売ヤーに貪られてるかなと思いましたが、身分証の確認やクーポン番号の控えもありますし、他人の名義が無限に使えるとかでない限り、そこまで派手なことやる人は少ないんじゃないかなと思います。

リスクに対する見返りも小さいので、やるとしたらよほどの旅行好きが複数個所予約してチェックインとチェックアウト繰り返すとかですが、垢BANリスク抱えてやるほどのことでもないですし、おそらくいないんじゃないかなと。

周囲にも転売ヤーやケーコジ増えてる印象ですが、皆がやり出せば薄利多売の傾向が強まると思いますし、そこも古参が教祖化して信者ビジネスになっていくのかなと。(再現性のない情報商材とか有料note買わされないように気を付けて欲しい)


自分は健全旅行者らしくお土産の購入に充てました。

チーバくん物産館が移転してました。

以前はもう少し千葉駅寄りでしたが、中央公園の近くになってました。


妹が里帰り出産してて甥っ子君が誕生したのでチーバ君のコップで洗脳を試みることに。(まだ生まれたばかりなのでコップ使えるのはまだまだ先ですが)


ブックオフでも使えたので古本も買いました。

残りは飲食(大戸屋)で利用です。

ココイチでも使えたので、カレー食べてニジガククリアファイルでももらおうかと思ってましたが、配布終了の店舗が多くて断念しました。(オタクのロイヤリティ舐めてた)

他にも、ウエルシア等のドラッグストアでも利用可能だったので、仮に余った場合でも日用品の購入とかでクーポン使い切ることは容易だと思います。


ホテル内での作業の合間に千葉市内の近場観光も。

千葉城(亥鼻城跡)。

桜の名所ですが、満開過ぎたオフピークだったので、人はまばらでした。

このご時世に関係なく、人の多いところはあまり好きではないので、散りかけの桜を眺めながら静かに散歩できて快適でした。




中は千葉市立郷土博物館です。

入場無料。


1階、2階が企画展示室、3階、4階が常設展示室です。


千葉に関する展示を楽しめました。


5階は展望室になってます。

フェンスがあって肉眼だと視界が遮られますが、スマホカメラならフェンスの隙間から写真撮影することは可能です。

高台にあるので市街地を一望できます。

海沿いの景色ならポートタワーも徒歩圏内です。(今回は省略)


市内中心部。


千葉らしい風景のひとつが懸垂式モノレールだと思います。

このせいで千葉県民は『モノレール=懸垂式の電車』という認識で育ちがちです。

3月までは俺ガイルとのコラボ車両とかもあったので、そういった好きな作品とのコラボ期間中にラッピング車両目的に訪れたりするのもおすすめです。

千葉市内は商業施設も豊富で、クーポン利用も容易でしたし、試しに千葉とく旅キャンペーン使うのにもいいんじゃないかと思います。

千葉市を拠点に県内のその他のエリアへ足を延ばすのもありです。

今後も千葉とく旅キャンペーン満喫してよさそうな情報あれば載せていけたらと思います。

0 件のコメント :

コメントを投稿