PICK UP

【クーポン】楽天トラベル 県民割・ブロック割クーポン

 楽天トラベル 県民割・ブロック割クーポン クーポン情報です。 楽天トラベル の県民割・ブロック割クーポンの延長分の配布がありました。 10月10日までが対象です。 茨城県、千葉県、埼玉県、神奈川県、山梨県、岐阜県、岡山県の延長分が配布されてます。 他のOTA(じゃらん等)では、...

【予約レビュー】ANAトクたびマイル

 ANAトクたびマイル予約レビュー


予約レビューです。

ANAトクたびマイルを利用したので記録として残しておこうと思います。

急遽、福岡への移動手段を確保することになったので色々交通手段を比較してところ、やはり直前予約の場合は、航空会社のマイルを利用した特典航空券が適していたという結果報告です。

普通にJALやANAの羽田‐福岡の航空券を有償で購入しようとした場合、直前予約(明日飛びたいとか)だと、片道3万円程しました。(往復6万円~7万円)

普段、往復航空券とホテル数泊をDPで総額でも3万円以下という格安旅行をしてる人間なので、国内線の片道航空券を3万円で予約するのにはかなりの抵抗があります。

その他のFSC(最近はMCCと呼ばれてる)やLCCを調べてみると、片道航空券総額1.5万円程~(LCCの場合は色々追加されるオプション代込み)でした。

FSCと比べると半額程の価格ですが、前日予約となるとLCCでもそれなりの価格になります。

この時点で新幹線片道(東京‐小倉21,560円、東京‐博多22,200円)よりは安いので、鉄道の選択肢はなくなりました。(新幹線での九州だと普通に4時間以上かかるので時間的にもフライト一択みたいなところもある)

高速バスで九州はさすがにエグいのでNG。

有償で購入するのであれば、MCCでの羽田‐福岡片道15,000円かなと思いました。(時間帯次第ではLCC成田発)

次に考えたのは、航空会社のマイルを利用した特典航空券です。

国内線の特典航空券の使い道はJALもANAも年々自由度が広がっている印象です。(追加の費用が必要になったりという改悪と取れる部分もないわけではないですが)

直前の予約の場合は有償で乗るにはなかなか難しい価格になりますが、特典航空券であれば、空席があれば固定された必要マイル数で飛ぶことができます。

JALでの羽田‐福岡の片道航空券の必要マイル数は7,890マイルでした。

翌日のフライトをこのマイル数で確保できるのは魅力です。

MCC(或いはLCC)15,000円、JAL7,890マイルなので、この時点で有償の選択肢が消え、マイルでの特典航空券が確定しました。


普段はJALの利用頻度が多いので普通にJALの特典航空券を使いたいところでしたが、今回はANAのほうによりお得な条件がありました。

ANAにはトクたびマイルというサービスがあります。

毎週対象路線が発表されて、その路線の特典航空券を少ないマイル数で予約することができるというサービスです。


対象路線が発表された翌日から発券期間となります。

発券の翌日からが対象搭乗期間です。


今週分のトクたびマイルの対象路線をチェックしてみると、羽田‐福岡が片道3,000マイルとなっていました。


予約方法は通常の特典航空券の予約と同じで、支払い画面に進むときに『キャンペーン適用マイル』を選択すると、トクたびマイルの必要マイル数で予約することが可能です。

翌日出発の羽田⇒福岡の片道航空券を3,000マイル+480円で予約することができました。

急遽フライト予約する必要がある、帰りの日程が未定などという場合には、非常に使い勝手の良いサービスだと思うのでおすすめです。


最近の遠出はJAL一択だったので、ANAに乗るのは約2年ぶりです。(2タミで戸惑わないように早めに家出る)

こういった場面のために、使い勝手の良い会社のマイルをいくつか分散して保有しておくのも大事だなと改めて感じました。(航空会社のマイルに換えやすいポイント貯まるクレカ持つのが最強だとは思いますが)

実際に使えるお金以外のマイル・ポイントを貯めるのも大事ですが、それと同じかそれ以上に、移動時に使える選択肢を把握しておくことも重要なので、コロナ禍で無関心になっている外資系航空会社のマイルの情報もキャッチアップしていきたいです。

鉄道系も詳しい人であれば、陸路でも安い方法が見つけられるかもしれないので、航空機に拘らず、色々な選択ができる状態にしていけたらより良いと思います。

0 件のコメント :

コメントを投稿