PICK UP

【クーポン】じゃらん 県民割クーポン延長分配布

 じゃらん 県民割クーポン延長分配布 県民割・クーポン情報です。 じゃらん で県民割・ブロック割クーポンの延長分配布がありました。 多くの県のクーポンが8月末まで延長となってます。 利用可能範囲はこれまでのブロック割と同様です。 各県更新されていますが、中には既に上限到達している...

【旅行記】東武鉄道株主優待券で栃木へ

 東武鉄道株主優待券で栃木へ


旅行記です。

栃木へ行ってきました。

ブロック割で栃木県内の宿泊を安く予約できたので、移動の費用も抑えてみようと、今回は東武鉄道の株主優待券を利用しました。


金券ショップやラクマなどで1枚500円~700円程で販売されることが多いです。

期限の近いものは500円以下で購入可能なケースもあります。

ラクマだとクーポン配布されたりした時に安いのがあればお得なケースも。

改札から出なければ東武線内ならどこまで行ってもこの金額で済むので、長距離だとよりお得感が増します。

都内からだと浅草や押上(スカイツリー)などから日光まで行けてしまうので節約派にはおすすめです。

日光以外だと、群馬の舘林(よりもいの巡礼)にも東武の株主優待を利用して行ったことがあります。

コロナ前は今と違い国内宿泊は高かったのでその時は日帰りで行きましたが、1日乗り放題のフリーパスではないので、宿泊もあわせた旅程のほうが相性が良いと思います。


今回は東武宇都宮駅まで行きました。

謎の液体が撒かれていたというニュースがあった東武アーバンパークライン(野田線)に乗って春日部へ向かい、春日部から新栃木、新栃木から東武宇都宮と3時間弱でした。

往路は普通と急行で向かったのでそれなりに時間はかかりました。

やはり2時間半以上かかると少し遠くまでお出かけした感があります。

片道500円程で小旅行できるので金欠気味な時にはいいと思います。

特急料金を支払えば特急に乗ることも可能です。


宿泊は『宇都宮東武ホテルグランデ』です。

東武宇都宮駅から徒歩すぐなので便利です。


JR宇都宮駅と東武宇都宮駅は結構離れてて徒歩20分ぐらい掛かります。

東武で宇都宮までアクセスしてホテルはJR宇都宮駅周辺だと移動が面倒なので、ホテル選びも交通手段とセットで考えると良いと思います。

逆にJR利用時に東武周辺のホテル選ぶとそれもまた面倒なので。

時短優先なら新幹線利用でJR宇都宮駅周辺ホテルに泊まるのが正解だと思います。

新幹線の東京‐宇都宮は片道4,490円、大宮‐宇都宮は片道3,210円。

大宮‐宇都宮は新幹線使えば25分程なので、移動の速さ重視なら、課金もありな気もしないでもないです。


東武宇都宮駅周辺は、駅直結の東武百貨店があり、その先にはアーケード商店街がありました。

写真は夜の人がいない時間に取りましたが、昼間は人も多く、かなり活気のある商店街でした。

地方の商店街は寂びれてショッピングモールが乱立というのもよく聞きますが、宇都宮は北関東最大の都市の繁華街ということで人も多くて賑わってる感じです。


JR宇都宮駅。

東武とJRの間で街の中心が二分されてるような印象もありました。

JR周辺はショッピングモールなどの大型商業施設が多めでした。


餃子像。

後ろに宇都宮駅が入るようになってる構図は意図的にやってるんだろうなと。


この餃子像は大谷石(宇都宮で採掘される石材)で作られてるそうです。

地元産のコラボ像でした。

大谷資料館も行きたかった(というか行く予定だった)んですが、資料館の中が寒いというのを失念していて、上着持参するのを忘れました。

公式サイトにその日の目安の温度が書いてあって、その日は10℃でした。

普段はパーカー持参することが多いですが、連日30℃超の予報だったので、この1泊2日のおでかけでパーカー着る機会ないだろと今回に限って置いてきました。

パーカーぐらいその場で買えよって感じだと思うんですが、一個ミスが出るとすべてがだるくなってしまう病みたいなの患ってるので、今回はパスすることに。(一人旅だとだるくなったらすぐにやめられるというのが最大のメリット)


JRの東口側は再開発中です。

交流拠点施設がOPEN予定。

東口からはライトレールも開業が予定されてます。(2023年)

JRの東口は今どきの街づくりに取り組み中といった雰囲気で、東武宇都宮駅から東へ歩くと徐々に時代が移り変わってる感じもして面白かったです。(アーケード商店街⇒ショッピングモール⇒コンパクトシティ的なもの)

とは言っても今のところの街の中心は西側という印象が強かったです。


ホテル朝食。


朝食ブッフェには餃子がありました。

宇都宮を感じられました。

今回のミッションは東武の株主優待で栃木まで行ってホテル泊まって朝食執行するというものだったので、無事達成できましたし、観光は街歩きだけでも十分満喫できた感じもあります。

旅行というと現地であれもしたいこれもしたいとなりがち(普段あまり旅行しない人は特に)ですが、あまり詰め込みすぎてもタスクみたいになって余計に疲れるので、これぐらいゆるい感じのノリでとりあえずでかけるのもおすすめです。

計画に拘り過ぎると失敗ルートとそのリカバリーを考える作業が無限に生まれてしまってフットワーク悪くなるので、ある程度アバウトな感じで旅程考えてもいいと思います。(フッ軽と言われる人たちはそんな感じ)

やり残したことあれば、それがまた訪れる動機にもなりますし。


宇都宮は北関東最大の都市の繁華街なので賑わってました。

南関東との違いは都市のすぐ近くに山があることです。

日本の場合は、都市の近くにそれなりの高さの山がある景色が普通で、関東平野の景色のほうが珍しいのはそれはそうなんですが、山が近くに見えると旅先にいる感じがあります。

飛行機の機内から見ても国土のほとんどが山とか林ですし、普段自分の住んでるところから少し離れていつもと違う景色を見るだけでも、旅行する意味があるんじゃないかと感じます。

国内だけでもそう感じるわけなので、出国できてない期間で日本の当たり前が当たり前という感覚が自分の中で強まってしまってそうな怖さもありますが。

色々なところに出かけて、普段とは違う目線から物事を見る新たな気づきもあるでしょうし、同じ問題でも実体験が伴っていた方がわかりやすい事柄もあるはずです。

人口減少する国の中の都市と地方、または都市とその郊外はこれから大きく変わる部分もあるはずなので、実際に移動して自分の体験を蓄積していけたらなと思います。


ブロック割で宿泊予約したので現地で使えるクーポンの付与もありました。


ホテルの近くの物産館でお土産購入。


復路。

帰りも東武の株主優待利用ですが、復路は栃木から浅草まで特急を利用することにしました。

株主優待を乗車券として利用して特急券1,250円課金です。


宇都宮線と日光線で栃木まで移動。(40分強)

そこからリバティきぬで浅草です。(1時間強)


普通列車と比べると優雅な旅行をしてる気分になりました。



充電も可能です。



快晴でした。


北千住やとうきょうスカイツリー駅で降りても金額が一緒だったので浅草まで行きました。


今回の旅行では外国人観光客の姿も見かけました。

浅草やスカイツリー周辺も出入国制限が緩和する方向に進めばまた外国人観光客で賑わうようになるんだと思います。

円安でショッピングしやすいでしょうし日本旅行満喫して救ってくれることを願ってます。


東武宇都宮駅から2時間弱で浅草に到着しました。

新幹線と比べると時間が掛かりますが、東武の株主優待と特急券の組み合わせもありだと思います。

都内は参院選が近いこともあって演説があったりと賑やかでした。

上野で買い物してたられいわの山本太郎さんとエンカしました。

MMT的な考えの人なので全く支持はしてないですが、暑い中「よろしくお願いします」とやってると、頑張ってるなと思って投票してあげようと思う人の気持ちはわかる気がしました。←ちょろい

現状の財政規律はガバガバな上、社会保障費は今後も増大不可避で、消費税を数パーセント減税しようが増税しようがどうしようもない(歳出減らさずに財政規律正すには消費税30%以上とかにしないと無理だろうし実際そんなこともできない)ところまで来てる感があるので、MMTみたいな無税国家爆誕するような謎理論だとか目先の減税で人気取りに来る政治家に縋りたくなる人が多いのはわかりますが、とりあえず現状を理解して立て直しに尽力できる人が少しでも多く選ばれてほしいなと思います。

MMTが通用するならFRBをはじめとした世界の中央銀行はインフレ退治のQTもアグレッシブな利上げもやってないでしょうし、利上げの余地さえないぐらい問題の先送り(低金利であることを前提に至る所に借金爆弾抱えてる)をしてしまった日本は日銀の国債エンドレス爆買いで金利上昇抑えつけて日に日に日本円が減価していく流れにしか見えないので詰みかなと。

まぁ今後の国の将来のことを考えると暗い未来しか見えないので四季があることに満足して過ごしていく予定です。

夏のおでかけも楽しみたいです。

0 件のコメント :

コメントを投稿