PICK UP

【予約レビュー】鹿児島2泊3日総額22,700円で予約

 鹿児島旅行予約レビュー 予約レビューです。 セール情報が特に見つからないので、最近紹介したもので、自分でも予約入れたものを紹介しておきます。 JALダイナミックパッケージ で鹿児島旅行を予約しました。 【関連記事】JALダイナミックパッケージ最大30,000円offクーポン 最...

【搭乗記】JAL那覇⇒羽田

 JAL那覇⇒羽田


搭乗記です。

沖縄からの帰りです。


3日間の滞在は基本的にホテルステイしてました。(日中は雨だったということもあって)

国際通りもちらっと見てきましたが、まだ活気は戻ってなかったです。


空港のお店も閉まってるところが多かったです。

レストラン等も時短営業継続中です。

首都圏の緊急事態宣言が解除されたところで、もとの状態に戻るのか心配にもなります。(首都圏内の街中の日常の様子を見ても緊急事態宣言らしさを全く感じませんが、旅先で緊急事態宣言中なんだと実感する謎の現象が起きてます)


唯一、大盛況なのはラウンジです。

羽田便の時間が近づくと椅子取りゲームの様相を呈してきました。

席の数は決まってるので密になることはなかったですが、羽田‐那覇便に関しては、2か月前よりかなり混み始めたなという印象を持ちました。


那覇のラウンジにはマスクホルダーもありました。

人が増えてはきましたが、感染対策はきっちりされてますし、首都圏内の街中と比べたら、まだ空いてるので感染リスクは低めだと思います。


搭乗率は9割ほどです。

満席だった往路より少しはマシで、ぽつぽつと空席がありましたが、それでも想像してたより乗ってたので驚きました。

1月に乗った時は、ファーストクラスやクラスJは混んでましたが、普通席はガラガラでした。

徐々に旅行者戻ってきてる感じがします。(那覇便に関しては)


また近いうちに訪れる予定です。


次回は那覇以外も行ってみようと思ってます。


羽田到着。

やはり沖縄とは気温差があって寒かったです。

沖縄はシャツ1枚で過ごせる感じでしたが、帰ってきたら手袋必要でした。

ランニングするとき、沖縄だと走り始めは寒くなくていいけど、少し経つと汗ばんできて『もうちょっと涼しいほうがいいな』と思うし、帰ってきて走ると、走り始めは寒くて『寒すぎ。沖縄行きたい』とか思うけど、少し経つと心地よくなります。

結局、無いものねだりしてしまう我儘な生き物なんだなと。

これに限らず、現状を変えたいと思う一方で、状況が変われば、それはそれで過去の状況が恋しくなるということも、往々にしてあると思います。

今のコロナ禍に関しても、これが過去のものとなった時には、思い出に浸る時が必ず来ると思います。(思い出補正が入って『あの頃はあの頃でよかった』的な話も増えるはず)

今は社会全体としてはネガティブな情報が多いですが、確実に今しかできないこともあるはずなので、それを満喫する数少ないチャンスだとも思います。

自分たちが海外へ出国かましたいと考えるのと同じように、外国人観光客の中にも、日本旅行したいという人もいるはずです。

インバウンド観光客が増えるようになれば、国内の観光地も混むでしょうし、宿泊代金も高騰すると思います。

ローカルピーポーは、安くて空いてる今のうちに行きたいところは行っておいたほうがいいんじゃなかという考えです。(日本人貧困になりすぎて外国人観光客戻ってきたら国内の贅沢旅行とか高くて無理そう)

観光地自体も、日本人がそれなりに利用して生き残れたところは外国人戻ってきた時に潤えるんじゃないかとも思います。(逆に今過疎りすぎてるところは外国人が戻る頃にはなくなってしまってるところもありそうで心配ですが)

実際に自分で体験しておけば、もてなす側として助けになれることもあるでしょうし、今のうちに外国人に人気のスポットを下見がてらチェックしておくのもいいんじゃないかと思います。

社会のムードとしては、まだおとなしく自粛しとけという感じではありますが、感染リスク高めないように気をつけながら、自分の体験として、今の社会の変化も感じていきたいです。

0 件のコメント :

コメントを投稿