PICK UP

【クーポン】Find Your YOKOHAMAキャンペーン横浜宿泊最大5,000円offクーポン(GoTo併用可)

 横浜宿泊最大5,000円offクーポン クーポン情報です。 近畿日本ツーリスト で横浜宿泊クーポンが配布されてます。 Find Your YOKOHAMAというキャンペーンで最大5,000円offクーポンが配布されてます。 GoToと併用可能なクーポンなのでお得です。 宿泊代金...

【沖縄】中日ドラゴンズ北谷キャンプ見学、アメリカンビレッジ周辺散策(北谷エリア旅行記)

中日ドラゴンズ北谷キャンプ見学と旅行記


沖縄旅行の旅行記です。(2019年2月)

どこかにマイルで引き当てた特典航空券で行った沖縄旅行です。


2月に沖縄旅行に行くのは、プロ野球の春季キャンプ見学が主な目的です。


昨年は那覇でジャイアンツキャンプ、その前の年は浦添のヤクルトキャンプと宜野湾でDeNAキャンプを見に行きました。

贔屓球団があるわけではないので、間近でプロの選手の練習を見れれば、どこの球団でも満足です。

今年は、北谷にオープンしたいい感じのホステルに宿泊したので、そこから徒歩で行ける中日ドラゴンズの北谷キャンプ見学へ行きました。

キャンプ見学以外にも、アメリカンビレッジ周辺を散策した時に撮った沖縄旅行感のある写真などもあるので載せておこうと思います。

北谷キャンプ

中日の1軍キャンプは北谷球場で行われてます。

当初は、根尾選手や松坂投手目当てに混雑が予想されてましたが、根尾選手は肉離れで2軍の読谷キャンプ、松坂投手は肩の負傷で離脱ということで、北谷キャンプの注目度はやや落ち気味でした。

根尾選手効果で読谷キャンプは盛り上がってるようです。

北谷と読谷の距離は10キロ程なので、熱心なファンはどちらも訪問しているようです。



松坂投手はファンとの接触で負傷したということで残念です。

ちょっとした変な動きで違和感が出たりするぐらいの不安定な肩の状態なんだと思います。

そもそも肩の手術をして、そこからNPBの1軍のゲームで投げれる状態になった昨年の活躍が驚きでした。

手術が必要な程の故障が肩にあるということは、もう完全に万全の状態で腕を振れることはないと思います。(肘の内側ならTJで万全に戻る可能性高いけど肩だともうお察しって感じ)

痛みが強く出ないようにごまかしつつ、継続的にゲーム投げられるレベルを保つ投げ方を模索し続けてるんだと思いますが、昨年からスタイルを変えてでもある程度ゲームを作れる状態までになったことが信じられないぐらいです。

昨年からは、昔のフォーシームゴリ押しスタイルをやめて、ツーシームとカッター使いになりました。

MLBの投手のようなフロントドア、バックドア使ってて、完全に別の投手のようです。

調子が良い時は和製クルーバー感すらありました。

過去に良いイメージがあると、理想の状態に戻したい気持ちと、肩の痛みで思い通り投げられない現実とのギャップに絶望することもあったかと想像します。(それでフラストレーション溜まって投げるのも嫌になる)

過去のスタイルに拘らずに、新たな投手としてゲームで投げられるレベルまで持ってきた前向きさに脱帽です。

常に肩の不安はつきまとうと思いますが、なんとかまた放れる状態まで改善することを期待したいです。

色々語ってしまいましたが、とにかく北谷キャンプでは見る機会なかったけど、松坂投手応援してますということです。


旅行記はじめます。


プロ野球の春季キャンプの練習は朝から行われてます。

9時とか9時半ぐらいから練習がはじまります。

宿泊先のラウンジで朝食取ったりしながら寛いでたので、朝一からは行ってないです。

ホステル内の清掃時間の11時~14時は部屋を空ける必要があったので、その間にキャンプ見学へ行くことにしました。

10時半ぐらいに宿泊先を出発しました。


徒歩10分程で北谷公園野球場到着です。

ラジェントホテルから見て、アメリカンビレッジ、イオンを通り過ぎた先にあります。


球状周辺はキャンプ感出てました。


球場には、春季キャンプの日程表も出てます。

練習試合の日に当たればラッキーでしたが、この日は練習のみでした。


選手別の1日のスケジュールも出てるので、推しがいる場合にはストーカーできるので便利です。


まずはメイン球場から見学しました。

シートノックは終わって、シート打撃がはじまってました。

同じチームの投手と野手の対戦はあまり見る機会がないので、ファンからしたら面白いと思います。



毎回思いますがプロの打球は速いです。(サードとか絶対無理。守りたくない)


シート打撃が終わると、ランチ特打です。

2箇所で、ひとつはマシン、ひとつはバッピでした。

他の野手は、ティーだったり、マシンでのバント練習などを行ってました。


ランチ特打の時間はBGMを流しながらゆったりした雰囲気の中で見学できました。

この日は気温も23度程だったので、観客席は完全にピクニック気分でした。(ネットはあるけど打球が飛んでくる可能性も完全に排除されてる訳ではないから注意は必要)


その後は、メイン球場以外を散策してみました。


室内練習場も覗くことができました。


ブルペンも行ってみました。(この時間は1人だけ)

おそらく山井投手だったかと。

シート打撃でも登板してましたし、かなり球数投げるタイプなのかなと思います。


サブグラウンドでは、特守が行われてました。

サード福田選手、ショート堂上選手。

単純な打球をひたすら処理していました。

これだけ反復練習を重ねることで、ゲームでも当たり前のように、普通の打球を普通に処理できるようになるのかなと思います。

野球を見てるだけだと簡単に見える打球(捌けて当然、エラーしたらブーイングみたいな)でも、実際にプレーするとなるとアウト1つ取るのも大変なことです。

できて当然というプレッシャーの中で、当たり前のプレーを当たり前のようにこなすプロの選手を尊敬です。


一通り散策を終えて、またメイン球場で打撃練習を軽く見て、見学を終えました。

天候にも恵まれて、気持ちよく春季キャンプ見学をすることができました。

アラハビーチ


北谷キャンプから少し足を伸ばして、アラハビーチまで行ってみました。

やっぱり沖縄の海は青かったです。

那覇にも波の上ビーチなどはありますが、中部まで来たほうがビーチ感は強くなります。


ウェイ系らしき人たちが既に海開きしてました。

『2月だよ?ちょっと早くない?』とも思いましたが、普通に半袖で歩ける気温だったので、まぁ入れないこともないかなという感じでした。

半月前は旭川旅行で吹雪の中凍えてたのに、今度は沖縄で半袖でビーチ歩けると考えると、ほんとに日本は細長い国だなと思いました。


【過去記事】旭川空港⇔旭川駅バス移動

⇑半月前


パスポート使わなくても、同じ時期にかなり気候の違うエリアを楽しむことができます。

海岸沿いには、のんびり釣りしてるお爺さんとかもいて癒やされました。

アメリカンビレッジ

昼間は、キャンプ見学やビーチ散策を楽しみました。


夜は、アメリカンビレッジを散策しました。


特に買い物や食事の用事もありませんでしたが、とりあえず賑やかそうなところを彷徨いてみました。


沖縄旅行らしい写真が撮れるおすすめエリアです。


食事や遊びに関するものがたくさん揃ってる便利施設でした。

アメリカンビレッジ周辺に宿泊施設も集中してます。

北谷はリゾート感強い


今回の沖縄旅行は北谷で過ごしてみましたが、那覇で過ごすよりもリゾート感が強かったです。

那覇でジャイアンツキャンプ見学をして、国際通りで買い物して帰るというプランも考えてましたが、北谷まで来てみてよかったです。

ビーチや街並みもリゾート感ある写真を撮りやすいと思うので、宿泊先は那覇の場合でも、中部まで行ってみても良さそうです。

【関連記事】那覇⇔北谷をシャトルバスで移動

中部エリアも新しい宿泊施設が増えてるので、探せばお得感のある条件もあるかと思います。

北谷滞在快適でした。

【関連記事】ラジェントホテル沖縄北谷宿泊記

0 件のコメント :

コメントを投稿