PICK UP

【キャンペーン】Amazonオーディブル2ヶ月無料体験キャンペーン

Amazonオーディブル2ヶ月無料体験キャンペーン キャンペーン情報です。 Amazonの Audible が2ヶ月無料体験キャンペーン中です。 オーディブル は、本の朗読を聴けるサービスです。 声優、著名人による朗読で聴くことができます。 通常月...

【バルセロナ】ガウディ作品で世界遺産のカサバトリョ

世界遺産のカサバトリョ

  
2015年3月のバルセロナ旅行で、『カサバトリョ』を見てきました。

発音は『カサバッジョ』とか『カサバッリョ』みたいな感じですけど、日本語のカタカナでは『カサバトリョ』と表記されていることが多いです。



カサバトリョもサグラダファミリアと同じく、ガウディの作品です。

2005年に世界遺産登録されています。


カサバトリョは人の家


カサバトリョはバトリョさんがガウディに依頼して建てた邸宅です。

カサは家、バトリョは人の名前です。

日本語だと『バトリョ邸』です。

内部も見学できる

 カサバトリョは内部見学もできます。

入場料は22ユーロ程でした。

日本語の解説が聞ける機械を貸してくれるので、それを聞きながら見て回ります。


タイルやステンドグラスが多いです。


カサバトリョのミニチュア模型。


青いタイル。

自然の光を上から取り入れてるので、それに合わせて上と下ではタイルの色を変えてるらしいです。


全部同じ色に見えるように工夫したそうです。

  

屋上にも上がれます。

屋上もガウディっぽいです。

割れたタイルを利用する『トレンカディス』というガウディの得意技が使われてました。

アクセス

カサバトリョはグラシア通りにあります。

道を挟んだ反対側にはカサミラもあるので両方セットで見に行けます。


夜のカサバトリョはライトアップされてます。

外観は夜バージョンもかっこいいです。

内部は日が出てるうちのほうが良いかもしれないです。

ガウディの作品は、ステンドグラスなどで自然の光を取り入れた作品が多いので昼間のほうが実感できると思います。



ちなみにグラシア通りは高級ショッピング通りです。

カサバトリョから少し南に行くとロエヴェがあります。

ショッピングとセットで見に行くことも可能です。


感想

入場料がちょっと高めでしたが、中も見学して良かったと思います。

日本語の音声ガイドがあったので、解説を聞きながら見学することができました。

外観もかっこいいけど、内部も細かいところまでものすごく考えられて作られてるのがわかりました。

グラシア通りにあるのでアクセスが良いのも良かったです。


0 件のコメント :

コメントを投稿